ESXiのバックアップとリストアの備忘録(firmwareConfig.sh コマンド)

はじめに

  • ESXi 標準で用意されている firmwareConfig.sh コマンドを使って ESXi のバックアップおよびリストアをしたいのでやってみた
  • システム領域以外のデータストアのvmdkとかは残したい
  • コンフィグを取って戻すイメージなので、中のデータを消すと消える
  • これ VMware Knowledge Base 見つからなかった

環境

  • OS は VMware ESXi 6.0
  • バックアップリストアの確認にゲストOSは適当に作ってある
  • 操作は Windows10 マシンからTeraTerm と VMware vSphere Client

“ESXiのバックアップとリストアの備忘録(firmwareConfig.sh コマンド)” の続きを読む

シェルスクリプトの備忘録

はじめに

bashでスクリプト組んだ時に調べたり辿っていって参考にしたページ忘備録です。iPhone のブラウザに一杯残っていたので整理ついでに。(※3つしか残ってなかった。) あと、書籍も。
リンク先をカードにする方法を調べてみたところ「Pz-LinkCard」が多そうだったので入れてみました。

リンク

test と [ と [[ コマンドの違い – 拡張 POSIX シェルスクリプト Advent Calendar 2013 – ダメ出し Blog

タイトル。まだ罠を知らなかったり罠に気付かなかったりするので、とても助かりました。デフォルトで [[ を使用しよう。

【シェル芸人への道】Bashの変数展開と真摯に向き合う

変数展開は便利。ififif みたいな気が滅入るコードが減ります。

そのシェルスクリプトもうちょっとシンプルに書けそう Tips集(Golf/シェル芸ではない)

量は多いですが確実に役に立つと思うので少しずつ

“シェルスクリプトの備忘録” の続きを読む

メールサーバを立てずに独自ドメインとAWSとgmailでメール送受信したい

はじめに

タイトルの通りです。某レジストラで取得した独自ドメインを使って Amazon WorkMail と Route 53 でメールを使用していましたが、400円/月 ほどを削減しようと色々調べだしました。

色々やりましたが謎のはまりかたをして未達なので、調べたURLだけ記載します。

参考にしたURL

・独自ドメインのメール送受信をAWSで。メールサーバーレスアーキテクチャーを構成

かなりすっきり見易くて分かり易い記事でした。Amazon SES の “SES送信制限解除申請” についてや、AWSのドキュメントURL、 Cloudcraft、SendGrid なども紹介されていて参考になります。あのURLの紹介の仕方とかどうしてるのだろう… HatenaBlog の機能?

・Amazon SESで受信したメールをGmailに転送して送信元へちゃんと返信できるようにしてみた

こちらも。Lambda関数 や ロール作成 の辺り好きです。

・Route53 + SES + S3 + Lambda で 独自ドメイン宛のメールをGmailに転送する

こちらは Lambda関数のコードに python2.7 を使っていました。どうしてこのリンクは上のと同じ表示にならないんだろ…

http://tech.innovation.co.jp/2017/06/04/Route53-S-E-S-S3-Lambda-Gmail.html

 

以上です。

“メールサーバを立てずに独自ドメインとAWSとgmailでメール送受信したい” の続きを読む

CentOS7.3にKibana6.3をインストール

はじめに

私の環境上のVMware player上のCentOS7.3へKibanaを入れたので備忘録です。
ただのリンク集になって不細工ですが、この方が確実と思います・・・。

以前に書いていたんですが、非公開にしていたもので、ちょっと整えて公開してみます。かおもじ

以下の項目でできています。

  • Kibana と関連モジュールのインストール(Qiitaより)
  • Kibana インストール後の操作
  • サンプルデータでグラフ作成

※2018/8/22 追記

  • 暫くぶりに立ち上げてESへデータを流し込んだら、 index が read-onlyのエラー

“CentOS7.3にKibana6.3をインストール” の続きを読む