【CentOS7】ロケールとタイムゾーンの変更

はじめに

内容はQiitaへアップしたものと同じですが、書き方とか若干リファインしてます。忘備録かつ書き方とか見た目の練習用に。

CentOS 7系 になると色々変わっていて、systemctl とか firewalld とかなにそれ状態でした。
ので、まずOSインストした後にやる初期設定の部分から、目に付いた辺りを記載します。

【うちの環境】

[root@centos7 ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core) 
[root@centos7 ~]# uname -a
Linux centos7.3 3.10.0-862.3.2.el7.x86_64 #1 SMP 
Mon May 21 23:36:36 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

uname コマンドの見方はこちらのWikiページへ。

※systemd とは何か とか、iptablesやfirewalldとは、といった所は他に詳しい解説の方が沢山いるので割愛します。そちらの記事かmanページなどをお読み下さる事を願います。

記載する項目としては、下記の項目についてです。

  • ロケール(国・地域の設定)
  • キーボード設定
  • 日付・時間・タイムゾーン設定

ロケール

以下コマンドで今の状態を確認します。

[root@centos7 ~]# localectl
   System Locale: LANG=en_US.UTF-8
       VC Keymap: us
      X11 Layout: us

ロケールを日本語に設定する場合。

[root@centos7 ~]# localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8
[root@centos7 ~]# localectl
    System Locale: LANG=ja_JP.utf8
        VC Keymap: us
       X11 Layout: us

ロケールの設定ファイルは下記にありました。

[root@centos7 ~]# cat /etc/locale.conf
LANG=ja_JP.utf8

キーボード設定

まずキーマップの確認から。Windows 106キーボード(日本語)を設定する前提で進めます。

[root@centos7 ~]# localectl list-keymaps | grep jp
jp
jp-OADG109A
jp-dvorak
jp-kana86
jp106

キーボードをWindows 106キーボードに設定します。

[root@centos7 ~]# localectl set-keymap jp106

キーボード設定の確認

[root@centos7 ~]# localectl
   System Locale: LANG=ja_JP.utf8
       VC Keymap: jp106
      X11 Layout: jp
       X11 Model: jp106
     X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp

現在のキーマップ設定ファイルは下記にあります。

[root@centos7 ~]# cat /etc/vconsole.conf
KEYMAP=jp106
FONT=latarcyrheb-sun16

日時とタイムゾーンの設定

現在の日時とタイムゾーンの設定を確認。

[root@centos7 ~]# timedatectl
Local time: Sun 2015-11-29 03:13:32 JST
Universal time: Sat 2015-11-28 18:13:32 UTC
RTC time: Sat 2015-11-28 18:13:31
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

日付のみ設定する場合。

[root@centos7 ~]# timedatectl set-time 2015-12-01
[root@centos7 ~]# timedatectl
Local time: Tue 2015-12-01 00:00:01 JST ←反映済みの日本時間
Universal time: Mon 2015-11-30 15:00:01 UTC
RTC time: Mon 2015-11-30 15:00:01
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

時刻のみ設定する場合。

[root@centos7 ~]# timedatectl set-time 00:50:20
[root@centos7 ~]# timedatectl
Local time: Tue 2015-12-01 00:50:21 JST ←反映済みの日本時間
Universal time: Mon 2015-11-30 15:50:21 UTC
RTC time: Mon 2015-11-30 15:50:22
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

日付と時刻を設定する場合。

[root@centos7 ~]# timedatectl set-time "2015-11-29 03:16:00"
[root@centos7 ~]# timedatectl
Local time: Sun 2015-11-29 03:16:02 JST ←反映済みの日本時間
Universal time: Sat 2015-11-28 18:16:02 UTC
RTC time: Sat 2015-11-28 18:16:02
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

タイムゾーンの一覧を表示します。下記ではAsia/Tokyoを探すためTokyoを検索しています。

[root@centos7 ~]# timedatectl list-timezones | grep Tokyo
Asia/Tokyo

タイムゾーン設定を変更。

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
# timedatectl
Local time: Sun 2015-11-29 03:16:02 JST
Universal time: Sat 2015-11-28 18:16:02 UTC
RTC time: Sat 2015-11-28 18:16:02
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)  ←今のタイムゾーン設定
NTP enabled: yes
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

以上です。

あとがき

2015年11月にQiitaに初投稿してみましたが、そちらで書き方のフォーマットが統一していないとのことでこの度一度書き直しました。
いつもは自分のメモ(sakuraエディタとか)で書いているので、見せ方考えて書くと難しいし意外と時間が掛かりますね…。今後精進します。

これ書いた時は firewalld の設定方法についても別でまとめる予定でしたが、今更ですので、別の機会で今作ってるkibana関連でもあげれればと思ってます。かおもじ